失敗しないためのポイント

失敗しないためのポイント

オーダーメイドで衣装を注文する初めての方であれば、どんなところに気を付ければ良いのかわからず困ってしまうのではないでしょうか?何だか妙に緊張してしまいますよね?こちらのページでは、当サイトを監修するESic経営のショップ、秋葉原の「cosmode」で、オーダーメイド衣装を注文する際のポイントについてご紹介します。

資料の用意

衣装のデザインに関する資料・情報を用意してください。

  • 全身の資料(前・横からのショット)
  • 背面の資料(後ろからのショット)
  • ディティール資料

イラスト、画像、公式サイトなどを資料として用意しましょう。画像をスキャナーで読み取る場合は、できる限り高解像度にてスキャンしてください(300dp以上)。また、携帯電話のカメラ機能で撮った写真や、他人のコスプレ写真などは資料として使用できません(他の資料の補足資料としては使えますが、コスプレ写真のみでの見積もりは行っていません)。

布地・色の選定

衣服の素材設定が明らかではない場合は、キャラクターのイメージで構いませんので、どのような布地や質感が良いか、希望を伝えましょう。

布地
各種制服系生地、衣装用ポリエステル生地、サテン、ベロア、合皮など希望の布地を選びましょう。生地名や品番でのご希望、特殊な布地の場合は追加料金がかかることもあります。ご注意ください。
色のサンプルを用意してください。サンプルは布以外の色紙などでも構いません。サンプルが見つからない場合は、実際にショップで色サンプルから選ぶのが妥当でしょう。

当サイト監修のESicが経営する「cosmode」では、各種色見本・布地見本を用意しています。お気軽にご来店ください。また「cosmode」で取り扱える布地をネット上でも確認できるよう、当サイトでご紹介しています(モニターにより発色には多少の誤差があります)。

布地見本帳へ

着用者の採寸

「cosmode」では規定のサイズテーブルをご用意しております。

サイズ 女性サイズ 男性サイズ
身長 バスト ウエスト ヒップ 身長 バスト ウエスト ヒップ
S 155 78 60 85 165 83 69 86
M 160 83 65 90 170 89 77 92
L 165 89 71 96 175 95 82 98
LL - - - - 180 101 87 104

規定のサイズでは合わない場合や、もっと完璧に着用者のサイズに合わせたい、という場合は衣装を着用する方の採寸を行ってください。着用者にぴったりの衣装を作れることが、オーダーメイド衣装の最大のメリットです。しかし、ここで失敗してしまうと取り返しの付かないことになりますので、充分ご注意ください。まずは身長、3サイズ、性別のデータをご用意ください。特に3サイズはヌードサイズでの採寸が必要です。また普段着用されている服のサイズを採寸データとしてお持ちになる方がいらっしゃいますが、誤差が大きくおすすめできません。確実な採寸を行うには、自分1人で採寸するのではなく、他の方に採寸してもらうようにしてください。

納期

2月頭~中旬・ゴールデンウィーク前・8月前半・12月中旬には、オーダーメイド依頼が殺到します。できる限り迅速な対応を心がけておりますが、納品が遅れてしまうことがある旨をご了承ください。あらかじめ余裕を持った計画を立ててご注文されるようお願いいたします。

支払いタイミング、発送方法の確認

注文前に支払い時期や発送方法を確認しておきましょう。

20,000円以下の場合
全額前払いでのお支払いとなります。
20,000円を超える場合
ご注文時に半額をお支払いいただき、残金をお渡し時にお支払いいただきます。お渡し時のお支払い方法は「ご来店払い」か「代金引換(現金のみ)」となります。

「cosmode」では佐川急便にて発送を行っております。営業所留めのご指定や時間指定も可能です。